被災者へのボランティア調髪

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

東日本大震災の被災者が区内の施設にも避難してこられてます。
理容組合葛飾支部は葛飾区と”災害協定“を結んでいるので、協定に基づく初出動となりました。

この避難所では福島の原子力発電所の問題で、任意で避難されてきた方が多いそうです。
避難勧告が出てる地域ではないので、平日は福島へ戻り、自宅の様子を見たり、仕事の復興の段取をしたりして、土日にこの施設で寝泊まりする方も。

お風呂は三日おき。慣れない環境でお疲れのようです。
いつまでも収束を見せない原発と放射線の不安で、住み慣れた土地を離れているご苦労にいくばかりか。

若いボランティアスタッフの方がいたのですが、この方も実は被災者で、最初の避難所では食パン1枚を二人で分けて食べ、寝るときは毛布もなく、風邪を引いてからやっと薄いのを1枚借りられたとか。

1日でもはやく、落ち着いた日々が取り戻せるよう、願うばかりでした。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

コメントを残す